大阪の泉州、岸和田でリフォームするなら株式会社アズワンホームへ、住宅リフォーム、マンションリフォーム、太陽光発電リフォームは増改築相談員のいるお店へご相談下さい。

台風時の雨漏れから火災保険適用の屋根リフォーム

岸和田市K様 屋根葺き替えリフォーム

施工内容

屋根葺き替え、足場工事

樋取替え

バルコニーテラス屋根取替え

費用

1,600,000円(税込)

お客様からのご依頼内容

以前キッチン取替え工事をご依頼されたお客様からのリピート工事です。以前から屋根の痛みは気になっていたとのことで、今回台風により雨漏りがしてきたとのことから今回の工事となりました。今回も台風の影響により板金部分のめくれにより雨水の侵入ですので、火災保険の適用物件となりました。

施工前状況

 

 

 

 

 

今回K様のお宅の屋根は、普通一般の屋根の勾配(45寸勾配)ではなく7寸勾配もあったため、屋根足場が必要でした。今は使用していない太陽熱温水器もこの際、撤去してほしいとのご要望を受け心機一転取外しします。軒樋も写真では分かりにくいですが、かなり波打ってきていました。今回、お客様の最大のご要望は、もう雨漏りをしないこと!そのご希望に応えるべく丁寧に施工させて頂きました。前日には近隣様へのご挨拶もキッチリ行い、いざ工事開始です。

施工中状況

 

 

 

 

 

下地の雨仕舞に使う防水紙も安物のアスファルトルーフィングではなく、ゴム質系の高級アスファルトルーフィングを使用しました。隠れてしまうところですが、少しでも持ちの良いものを料金のアップなしで勝手に取り入れさせていただいています。お客様はこういったところで比較できないので本当は知ってもらいたいところです。今回屋根屋さんに無理言ってソーラーの撤去もお願いしました。あーでもないこーでもないと少し苦労していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドーマーの取り合い部分を念入りに施工してもらっています。半分葺き終わった時点で次の日大雨が降りました。屋根工事の最中は大雨など降られるとハラハラしました。ただ、大雨の日に僕が屋根裏にもぐり、雨漏りしていないか確認したところ何の漏れもなくにじみも無かったので、ある意味放水検査になりホッとしました。外観も雰囲気が変わってきました。

施工完了状況

 

 

 

 

 

 

 

以前雨漏りがしていた取合いの部分は、2重にも3重にも雨仕舞をし、二度と雨漏りで心配させないよう施工しました

 

 

 

 

 

 

屋根部分が入り組んだ破風当たりの部分も雨漏りはしていませんでしたが、十分すぎる雨仕舞を施して施工しました。

ソーラー温水器も撤去されスカッとした屋根面です。

 

 

 

軒樋も今回はケイミューのアイアン樋を使用。アイアン樋とは樹脂のまん中にスチールを挟み込んで浪打などを軽減させる樋です。屋根材はパナソニックのグラッサコートのカラーベストを使用しました。このカラーベストも耐候性に優れています。

 

 

 

 

 

 

キレイに仕上がりました

工事担当より

屋根を新しく葺き替え、樋も新しくすることによって住まいの外観が「見違えった!!」とお客様からのお言葉をいただきました。今回は雨漏りもあったのですが、その時期によって塗り替え、葺き替えのタイミングを間違わないようにしてほしいですね。塗り替えというのは下地及び屋根がしっかりしているということが大前提ですから。「うちの屋根もそろそろかな?」と思われている方はお気軽にご相談くださいね。

Filed under: リフォーム施工事例 — 堺 公彦 6:43 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

大阪の泉州、岸和田でリフォームするなら株式会社アズワンホームへ、住宅リフォーム、マンションリフォーム、太陽光発電リフォームは増改築相談員のいるお店へご相談下さい。

ページ先頭へ