大阪の泉州、岸和田でリフォームするなら株式会社アズワンホームへ、住宅リフォーム、マンションリフォーム、太陽光発電リフォームは増改築相談員のいるお店へご相談下さい。

段差と寒さの浴室と動きやすい位置へのキッチン設置リフォーム!!

大阪市住吉区万代 T様 浴室移設リフォーム、キッチンリフォーム、給湯取替え

施工内容

浴室移設リフォーム、キッチン移設リフォーム、給湯器取替え、内装クロス張り

費用

¥1,490,000(税込)

 

 

 

お客様からのご依頼内容

今回ご依頼いただきましたT様は インターネット検索で当社のホームページをご覧いただき、当社の施工や品質に対する姿勢に共感していただき、4社相見積でしたが、当社をお決めいただき工事をさせていただくこととなりました。そもそものキッカケはご夫婦とも80歳を超える高齢者様で奥様のご病気から奥様を入浴させる際に一度土間に下りて、マタギの高い浴室に上げて、入浴させてあげるのが大変だということ、0.5坪程度の広さなので中で入浴を手伝ってあげにくいこと、今まではキッチンも2階にあり高齢のご主人が上がり下がりで大変だったということ、そんなお悩みからのご依頼となりました。

施工前状況

奥に見えるのが昔ながらの浴室です。高齢のお二人にはあまりに高い段差です。しかも、お客様宅の浴室周辺は昔、商売をされていて作業室に浴室を作ったということもあり、足元がコンクリートの土間になっており、一度下りて再度お風呂に入るという不便なものでした。

 

 

今回浴室とキッチンを設置する場所の施工前の状況です。棚を作っておりここが新たな水周りになるとはお客様も想像できないようです。

 

 

施工中状況

先ずはやはり解体工事からです。長年入ってきた寒い浴室を一日で解体します。

 

 

 

 

 

今度浴室を移設する場所の棚板を撤去します。こちらの棚などはすべて高齢のご主人が一人で作って設置したとのことです。

 

 

 

 

 

どんどん壊していきます。見ている間に解体完了!解体屋さん、ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浴室解体後はこんな感じです。お客さんからのご要望もあり剥き出しになっている配管や無機質な壁もキレイにしてほしいとのことでしたのここから見違えるようにしていきます。棚板も解体しスッキリとしました。

これもお客様のたってのご希望でもありました、耐震用の壁補強も梁と柱と土台を一体化させて施工させて頂きました。ただしあくまでも少しの補強程度にしかならないということでご説明させて頂きました。(耐震補強とは基礎から家全体のバランスを考え導き出します)

お客様のお話から他社見積もり時、同じ耐震のお願いをしたら、「ここにパネルを打ち付けたら地震が来ても大丈夫」などと安易な答えをされていたようでした。構造用のパネルを張れば強くなるという妄想はあまり耐震を知らない業者のようです。みなさんもそんな業者の口車に乗らないように注意してほしい物です。

 

 

 

 

 

 

 

今回ユニットバスを新設します。今まで0.5坪程度しかなかった広さを1坪タイプにするためかなり広くなりました。

以前浴室のあった場所もどんどんキレイになっていきます。

 

 

 

 

 

施工完成状況

棚板しか場所がここまでキレイになりました。今回天井は設けませんでしたので、梁はむき出しのままですが良い雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

 

今回設置したキッチンはLIXIL製:セクショナルキッチン・GSシリーズを採用させて頂きました。シンプルなデザインですが光沢のある木製柄で簡易キッチンよりも重厚感が違います。

 

 

 

 

 

今回LIXIL製キレイユとTOTO製サザナの2パターンでご提案をさせていただきましたが、身体を動かせづらい奥様に、しかもご高齢であるお二人に、少しでも安全・安心して入っていただきたいので、TOTO製のやわらかい床、ほっカラリ床をお薦めさせて頂きました。

お客様がその後、他社からは「高齢なのでLIXIL製で十分、TOTO製なんて必要なし」とたしなめられたと言って怒っておられましたが、お客様自身が少しでも安心・安全・快適にしたいとTOTO製でお願いするとのお申し出を受けました。他社の言うLIXIL製で十分だと言うことは高齢なので少し高いTOTO製にしなくても安いLIXIL製でお金を使うなと言う意味合いだと思いますが、そもそもお客様が悩んでいた原因を取り除いてあげる意味合いから外れる発言です。大阪でも大きなリフォームメーカーのプランナーの発言ですから困りものですね。

と言うことでTOTO製:サザナ1616サイズ(1坪タイプ)浴室暖房乾燥機(三乾王)を設置させて頂きました。もちろん床は、ほっカラリ床です。さらにご高齢と言うこともありますので手摺を2カ所取付させて頂きました。

 

部屋全体も見えていた配管を隠し見違えるようになりました。

 

 

お風呂の湯沸しも以前はバランス釜で沸かしていたのを、今回はリンナイ製の16号給湯器オートタイプに変更し追い炊きも出来、自動お湯張りも出来るお二人にとっての作業が楽にできるようにしました。

 

工事担当より

今回ご依頼いただいたT様も工事完成後「こんなにキレイになるんだったらもっと早くしてあげればよかった」と仰っていました。昨年からの打ち合わせの際、相見積をされた他業者の安易な工事に対する返答に、憤りを感じておられたようでしたが、当社にお決めいただいたことにより最後は「おばあちゃんを一番最初にお風呂に入れてあげたい。」と喜んでいただき笑顔になられたことが当社の宝となりました。みなさまもコストのみの比較から良き提案とコストでの比較をお考えになってください。今回はありがとうございました。


Filed under: リフォーム施工事例 — 堺 公彦 12:24 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

大阪の泉州、岸和田でリフォームするなら株式会社アズワンホームへ、住宅リフォーム、マンションリフォーム、太陽光発電リフォームは増改築相談員のいるお店へご相談下さい。

ページ先頭へ